トップページ

お薬ワンクリック検索!!
お薬名や症状を入力して「検索」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 


海外から個人輸入代行サイトを利用して、お薬のお取り寄せができるのをご存知でしょうか?
もちろん、医薬品メーカー純正の正真正銘本物のお薬をお取り寄せすることが可能です。

しかし、中には悪質な個人輸入サイトが存在しているの残念ながら事実です。
当サイトでは安心してご利用いただける、優良個人輸入代行サイトをご紹介しておりますので、是非ご参考にしてください。

医薬品の個人輸入について

現在、日本国内で流通している医薬品については、管轄官庁である厚生労働省により認可された医薬品になります。

認可というのは日本国内において、医薬品を販売すること事であり、国外では日本国内では販売されていない医薬品であっても、街中のドラッグストア等で普通に販売されていることも珍しいことではありません。

国外において普及していて、国外の方からの知名度は高い医薬品だとしても、日本国内では認可が下りない医薬品も多くあり、仮にその医薬品を購入したいと希望しても、日本国内の病院やクリニックで処方を受けることはできません。

しかしながら薬事法においては、海外から医薬品を手に入れることは禁止されていません。
その行為は、医薬品の個人輸入と呼ばれています。
端的に表現すれば、個人が海外のお店や製造メーカーから医薬品を買う行為が「医薬品の個人輸入」と表現されます。

日本国内では、未承認・未認可の医薬品だとしても、国外においては一般的に販売されている医薬品であれば、それらの多くの商品を日本国内から購入することが可能なのです。

購入すると表現しましたが、日本国内の方が、現地の薬局や医薬品メーカーと直接やり取りをするのではなく、輸入代行業者を利用する事で、医薬品をスムーズにお取り寄せすることが可能です。
輸入代行業者の運営するサイトは、一般的なネットショップでのお買い物をすることと見た目も、進め方も大きく違いはありません。
お客様はネットショッピング感覚で欲しい医薬品をカートに入れて、必要情報を入力して決済をすれば、面倒な個人輸入に関する一連の手続きは全て代行業者にて処理されますので、とてもお手軽に個人輸入が完了します。

輸入代行業者というのは「日本国内の個人が海外の医薬品を取り扱う会社から、医薬品を購入して日本へお届けする一連の流れをお手伝いをする業者」になります。